【中部部会】第37 回(2021年度第2回)研究会のご案内

日本アートマネジメント学会中部部会第37回(2021年度第2回)研究会を開催します(愛知住まい・まちづくりコンサルタント協議会と共催)。

——————————
国際芸術祭「あいち2022」の地域連携

講師:栗本 真壱 氏 (建築家・栗本設計所主宰)
コメンテーター:吉田 隆之 氏 (大阪市立大学大学院都市経営研究科准教授)

国際芸術祭を愛知県内の様々な会場で開催することで、開催地域にどのような影響があるか、また地域活性化につなげるためにどのような取り組みが必要かなど、過去の「あいちトリエンナーレ」の成果を振り返りながら、2022年に開催する国際芸術祭「あいち2022」の取り組み状況の報告から考えます。
■日時: 2022年 2月19 日(土)18:00~20:00頃
■会場: 栄ガスビル クイーンルーム(名古屋市中区栄三丁目15-33)
オンライン配信併用
■参加費:無料(申込制)
■定員:会場25名(予約優先) オンライン参加90名
■お問合せ・お申込み:
(株)伊藤建築設計事務所 川本直義(中部部会委員)
kawamoto.naoyoshi@ito-aei.co.jp
または、
日本アートマネジメント学会中部部会事務局
jaam_chubu@yahoo.co.jp
*氏名・所属・連絡先(メールアドレス)・参加方法(会場orオンライン)をお書きの上お申込みください。
■申込締切:2022年2月16日(水)

■内 容(予定)
・説明(約15分)
国際芸術祭「あいち2022」について
説明者:都築 芳郎 氏 (国際芸術祭「あいち」組織委員会事務局)
・講演(約50分)
アートと地域をつなぐ取り組み(仮)
国際芸術祭「あいち2022」一宮会場での取り組みについて など
講師:栗本 真壱 氏
・意見交換
コメンテーター:吉田 隆之 氏 ※オンラインにてイギリスから参加予定

■主催:
愛知住まい・まちづくりコンサルタント協議会
日本アートマネジメント学会中部部会

⽇本アートマネジメント学会 第23 回全国⼤会について

来たる2021年12⽉18 ⽇(⼟)、19 ⽇(⽇)の2 ⽇間、「⽇本アートマネジメント学会第23回全国⼤会」を開催いたします。

<開催概要>
名称:⽇本アートマネジメント学会・第23回全国⼤会「アートの現場の知をつなぐ」
⽇時:2021年12⽉18⽇(⼟) 14:00-18:00、19⽇(⽇) 10:00-18:00
*分科会発表・ポスター発表は、19⽇のみ
場所:宝塚⽂化創造館(宝塚⾳楽学校旧校舎)
   〒665-0844 宝塚市武庫川町6-12
開催⽅式:対⾯開催とZoomによるオンライン開催の併用
*新型コロナウイルスの感染拡⼤状況などにより、上記は変更となる場合があります。

プログラム詳細、申込方法等については、全国大会のページをご確認ください。

⽇本アートマネジメント学会 第23 回全国⼤会 研究発表・実践報告の募集締切の延⻑について

来たる2021年12⽉18 ⽇(⼟)、19 ⽇(⽇)に開催される「⽇本アートマネジメント学会第23回全国⼤会」について、「分科会発表(⼝頭発表)」の申込締切を9月15日(水)としておりましたが、会員各位におかれましては、コロナ禍への対応業務等でご多忙であることを考慮し、締切を10日間延長することといたします。
延長後の申込締切は、【2021年9月25日(土)23:59】です。
なお、「ポスター発表」につきましては、締切日の変更はありません。
発表テーマにつきましては、コロナ禍の取り組みや課題なども歓迎いたします。現場の課題を検討する場として、実務に関わる方もぜひご発表ください。

申し込みは以下のフォームからお願いいたします。
https://forms.gle/E4hUPVqQYrYqP4pb9

学会員の皆さまにおかれましては、募集要項をご参照の上、積極的なご応募をお願いいたします。
募集要項(PDF)
全国大会Webページ

【九州部会共催】シンポジウム「彫刻をさわる時間」のご案内

10月6日、アートマネジメント学会九州部会が共催するシンポジウム「彫刻をさわる時間」が開催されます(オンライン)。

「彫刻をさわる時間」
彫彫刻にじかにさわって鑑賞することは、“特別なこと”なのでしょうか。
すべての人に美術を楽しみ、味わう権利があるとすれば、それは“あたりまえのこと”ではないのでしょうか。
それはまた、彫刻表現の可能性を開き、「美術」のあり方を問い直すきっかけともなるものであるのかもしれません。
今回のシンポジウムでは、同じ日に大分県立盲学校で実施する彫刻作品鑑賞支援ワークショップをふまえ、その講師などをパネリストに、彫刻をさわって鑑賞することの意義や、その機会を作り、増やしていくための手立て、課題などについて考えていきます。

◆日時:2021年10月6日(水)18:00~20:00
◆会場:オンライン(ZOOMにて開催)
◆パネリスト:
広瀬 浩二郎(国立民族学博物館 学術資源研究開発センター 准教授)
篠原 聰(東海大学 教職資格センター 准教授)
村上 佑介(大分大学 教育学部 講師)
髙橋 泰佳(国東市立国東中学校 教諭)
田中 佐和子(大分県立盲学校 教諭)
ファシリテーター:田中 修二(大分大学 教育学部 教授)
◆主催:大分大学教育学部美術講座
◆共催:おおいた障がい者芸術文化支援センター
大分県立芸術文化短期大学 (「芸短フェスタ2021」共催イベント)
日日本アートマネジメント学会九州部会
◆協力:大分県立盲学校
◆参加費:無料(要事前申込、先着順)
◆申込方法:Googleフォーム(以下)より提出してください。
https://forms.gle/Xegb1pub5PbpWsNj8

◆申込期限:9月30日(木)
◆問合せ先(日本アートマネジメント学会員用):大分大学 田中修二
  tnkshj@oita-u.ac.jp

彫刻をさわる時間フライヤー
フライヤー(PDF)

日本アートマネジメント学会第23回全国大会 研究発表・実践報告の募集について

⽇本アートマネジメント学会では、来たる2021年12⽉18 ⽇(⼟)、19 ⽇(⽇)の2 ⽇間、「⽇本アートマネジメント学会第23回全国⼤会」を開催いたします。つきましては、19 ⽇(⽇)のプログラムとして、研究発表・実践報告を募集いたします。発表⽅式は、「分科会発表(⼝頭発表)」または「ポスター発表」です。学会員の皆さまにおかれましては、募集要項をご参照の上、積極的なご応募をお願いいたします。
募集要項(PDF)
全国大会Webページ

日本アートマネジメント学会賞を新設しました!募集のお知らせ

日本アートマネジメント学会では、2021年度から、日本におけるアートマネジメントの向上のため、芸術文化のマネジメントに関して、現場の優れた取り組みを、「日本アートマネジメント学会賞」として顕彰することにいたしました。 文化芸術の現場における活動に光を当てるため、会員から候補者の推薦を募ります。
2020年度(2020年4月~2021年3月)に実施された、 個人又は団体による優れた取り組みを対象に表彰します(会員による活動か否かは問いません)。ただし、推薦ができるのは、日本アートマネジメント学会会員(正会員、賛助会員)とします。本学会入会と同時に推薦資格を得るものとします。詳細は学会賞ページをご確認ください。

中部部会 第36 回(2021 年度第1 回)勉強会のご案内

日本アートマネジメント学会中部部会 第36 回(2021 年度第1 回)勉強会を下記の通り開催します。
「はじまりのアートマネジメント」
講師:桧森 隆一(北陸大学大学副学長)
日本アートマネジメント学会中部部会では、新しいアートマネジメントの入門書『はじまりのアートマネジメント』(松本茂章編、2021 年、水曜社)の著者の一人である桧森隆一氏をお迎えし、本年度第1 回目の勉強会を開催します。
同書は、タイトルこそ「入門書」とありますが、今まで語られてこなかった、「企業とアートの関係の本質」や「アートマネジメントとプロデュースの違い」を、氏の32 年に及ぶヤマハ(株)での経験を基に理論化・一般化されています。その中には、これまで当事者たちが語ってこなかった「不都合な真実」も含まれるかもしれません。これからのアートマネジメントの研究者や実務者にこそ知っていただきたい内容です。
日時:2021 年 6月5日(土)10:30~12:00 頃
オンライン開催
参加費 無料
定員 先着100名
お申込み E-mail jaam_chubu@yahoo.co.jp
メールに、①お名前、②ご所属、③電話(携帯)番号をご記入の上、上記メールアドレスにお申し込みください。
6 月4 日までに、お申し込みのメールアドレスにZoom のURL を送信します。

■主催・お問合せ:日本アートマネジメント学会中部部会
〒481-8503 北名古屋市熊之庄古井281
名古屋芸術大学 アートマネジメント研究室内

日本アートマネジメント学会分科会参加方法について

12/12ー12/13開催の日本アートマネジメント学会第22回全国大会分科会にお申込みをされた皆さまへお知らせです。
本日メールにて、参加方法をご連絡しました。
もし、参加申込をしたはずなのにメール連絡がきていないという方がいらっしゃいましたら、プログラム委員会までご連絡ください。
【連絡先】
日本アートマネジメント学会第22回全国大会プログラム委員会
jaam2020.program@gmail.com