全国大会

全国大会

日本アートマネジメント学会では毎年、各部会の会員が一堂に会し交流することを目的として全国大会を開催しています。会員によるバラエティに富んだ研究報告のほかに外部講師招聘による講演会やシンポジウム等、時代に照らしたテーマのもと活発な議論を展開しています。


<2020年度全国大会>

日本アートマネジメント学会 第22回全国大会
大会テーマ「パンデミック後の社会におけるアートマネジメント」

日本アートマネジメント学会第22回全国大会は、2020年12月7日(月)から13日(日) の1週間、オンラインで開催することになりました。大会テーマは「パンデミック後の社会におけるアートマネジメント」です。
2020年12月7日(月)から11日(金)は各部会(北海道・関東・中部・関西・九州)による「五夜連続企画」を開催し、12日(土)と13日(日)は分科会と特別講演を予定しています。
参加申し込み方法、プログラムは以下の通りです。奮ってご参加ください。
全プログラム(PDF)はこちら

1.開催情報


日程 2020年12月7日(月)〜13日(日)
会場 zoomによるオンライン(全てのプログラム)
参加費
[7〜11日の五夜連続企画] 会員・非会員ともに無料
[12・13日の分科会・特別公演] 会員は無料、非会員(学生含む)は2000円
  ※前年度の会費が未納の会員は、非会員扱いとなりますのでご注意ください。

2.参加申し込み方法

※12月7日〜11日(金)の「五夜連続企画」と12月12日(土)・13日(日)の「分科会・特別講演会」は、参加申し込み方法が異なります。ご注意ください。

①12月7日~11日(金)の各部会による「五夜連続企画」への申し込み
イベントごとに、各部会で申し込みを受け付けます。「プログラム概要」 に記されている申し込み方法より手続きください。

②12月12日(土)、13日(日)の分科会・特別講演会への参加申し込み
会員・非会員とも、以下のURL(googleフォーム)またはQRコードより申し込み手続きをお願いします。
締め切り:11月30日 12月7日(月)に延長しました
※参加登録が確認できた参加者に対して、参加方法の詳細を12月上旬にメールで送付します。
※ 非会員の方は、12月9日(着)までに参加費をお振り込みください。確認できない場合は、ご参加いただけません。

https://forms.gle/y2rQ9W9tX9iZfsjUA


3.プログラム概要

12月7日(月)から11日(金):五夜連続企画 (会員、非会員とも無料)

[第一夜]関東部会企画
地域型アートプロジェクトの評価の試み〜行政・現場・評価者それぞれの立場から価値の見える化を考える〜
【日時】2020年12月7日(月)19:00-21:00
【場所】オンライン配信(YouTube)
【内容】 静岡県文化プログラムは、地域型アートフプロジェクトが主である「地域密着型プログラム」の、設立から5年を経て生まれた成果や価値を外部の専門評価者を交えてまとめた報告書を今後公開予定である。現場に伴走する専門家、評価者、行政それぞれの立場からどのようにその「価値」 を共通言語化し、指標化しながら実践に取り組んだのか。また、コロナ禍において「集まらない」ことに価値を見出したアートプロジェクトの視座とは。見えてきた課題や今後の評価のあり方を探理、共有する。
<登壇者>
佐野直哉(静岡県文化プログラム プログラム・コーディネーター)
松田有紀(静岡県スポーツ・文化観光部文化政策課 参事)
大石歩真(UNMANNED 無人駅の芸術祭・NPO 法人クロスメディアしまだ理事⻑)
兒玉絵美(UNMANNED 無人駅の芸術祭・NPO 法人クロスメディアしまだ事務局⻑)
中谷美南子(一般財団法人 CSO ネットワーク)
<コメンテーター>
吉本光宏(株式会社ニッセイ基礎研究所研究理事・芸術文化プロジェクト室⻑)
源由理子(明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授)
<進行>
槇原彩(東洋英和女学院大学非常勤講師)
共同企画:佐野直哉、槇原彩
【申し込み方法】下記peatixページよりお申込みください。
https://jaamkanto2.peatix.com/
申し込み締め切り 2020年12月7日(月)18:00まで
[第二夜]九州部会企画
トークリレー:コロナ禍を超えて〜九州アートマネジメントの今とこれから〜
【日時】2020年12月8日(火)20:00-22:00/終了後オンライン交流会を予定(30分程度)
【場所】zoom
【内容】九州部会会員を中心に、北部九州地区の文化ホール、美術館、文化団体などの関係者が新型コロナウイルス感染拡大に伴うこれまでの取り組みと今後の展望、現場の想いなどをリレー形式で語る。合わせて全国各地で行われた「文化芸術関係者の新型コロナウイルスの影響調査」結果から見えるものを大澤寅雄氏(ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室主任研究員)からご報告いただき、アートマネジメントの領域における課題の整理や今後の新たな取り組みへつなぐ。
プログラム
<前半> 大澤寅雄氏による全国各地の「文化芸術関係者の新型コロナウイルスの影響調
査」結果報告(ビデオレター)
<後半> 九州部会会員によるトークリレー(トークリレー出演者:〔 〕はトーク時間)
出口亮太氏(長崎市チトセピアホール・北公民館館長)〔10分〕
小牧達彦氏(アクロス福岡プロデューサー)〔10分〕
蒲池昌江氏(福岡アジア美術館学芸課交流係)〔5分〕
̶ 休憩 ̶
荻野哉氏(大分県立芸術文化短期大学准教授)〔5分〕
野村菜美氏(大分県立芸術文化短期大学非常勤講師)〔5分〕
坂口美由紀氏(熊本の文化情報誌「ドコサ?」編集長)〔10分〕
八坂千景氏(iichiko 総合文化センター企画普及課副課長〔10分〕

定員 100名(先着順)
【申し込み方法】 メールにて①氏名②所属③携帯電話番号④メールアドレス⑤会員・非会員の別を明記の上、右記へお送りください。九州部会事務局 jaam.ksb@gmail.com
申し込み締め切り 2020年12月6日(日)まで
[第三夜]関西部会企画
AMラジオ~ここしか聞けないアートマネジメントの現場のホンネ
日時】2020年12月9日(水)19:30-21:00/終了後オンライン交流会21:15-22:00
場所】 zoom
【内容】 この企画は、複雑に入り組んだアートとコロナの課題に鋭いメスを入れたいと思いつつ、様々な現場の課題を本音でゆるーく語り合う、ながら視聴に最適なトークプログラムである。現役のアーティスト(音楽系)、アートマネジャー(美術系/地域系)、NPO(中間支援)、指定管理者(劇場)などが抱える課題を生々しく共有し、何も結論は出ないかもしれないが、きっとアフターコロナに向けたヒントになる、そんなトークを繰り広げることを目指している。
詳細は関西部会HP(http://jam-w.net/index.php/news/archives/33) をご覧ください。
定員 80名(要事前申し込み・先着順)
【申し込み方法】参加希望者の方は下記のフォームに必要事項を送信ください。
https://forms.gle/V3YPotcrnLPoRUBE6
申し込み締め切り 2020年12月8日(火)まで
[第四夜]中部部会企画
アートにおける中部のレジリエンス ~コロナ禍でみえること~
日時】2020年12月10日(木)20:00-22:00
【場所】zoom
【概要】 スウェーデンに5年間滞在した品川佳代氏(元パティオ池鯉鮒プロデューサー)をゲストに迎え、北欧のアートマネジメントの状況や、それを支える考え方をご報告いただく。
また、クラリネット奏者の中村由加里氏(名古屋芸術大学助手)による研究発表(「社会貢献としてのアウトリーチが音楽家にもたらすもの」)と、林健次郎会員(愛知県芸術劇場)の「中部におけるコロナ禍への取り組み(仮)」の報告により、柔軟な対応が求められるアートマネジメントについて、中部の状況を起点に実践的に考える。
【申し込み方法】以下のフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/E8LPFTCEQ1wuF9u18
申し込み締め切り 2020年12月8日(火)まで
[第五夜]北海道部会企画
アートマネジメントフォーラム2020
「地方に移住するアーティストーMAYA MAXXを囲んでー
日時】2020年12月11日(金)19:00-20:30
【場所】zoom
【内容】北海道内陸部にある岩見沢市東部丘陵地域の山間、美流渡にこの夏アトリエを開いた画家・MAYA MAXXさん。ようやく準備が整い、本格的な制作が始まった。2011年に暮らしの拠点を北海道に移し、その後美流渡に移住、〈森の出版社ミチクル〉を立ち上げた、元美術出版社の編集者・來嶋路子さんとのセッションや、魅力たっぷりのMAYAさんのアトリエ紹介映像をお楽しみいただきます。
ナビゲーター:宇田川耕一(北海道教育大学教授)
【申し込み方法】件名「五夜連続企画北海道部会係」、氏名、ご所属、会員・非会員の別を記し、下記へお送り下さい。お問い合わせもこちらへ。
北海道部会事務局 jaam18th@gmail.com
(返信メールでZOOMのID、パスコードをお送りします)
申し込み締め切り 2020年12月10日(木)
詳細は、北海道教育大学岩見沢校のホームページ(https://www.hokkyodai.ac.jp/iwa/)の「お知らせ」に近日中に告知します。

特別講演: 12月12日(土)15:30 – 12月13日(日)
 (分科会+特別講演…会員無料、非会員2000円)

文化・芸術の第一線で活躍するドイツと日本の専門家による特別講演を配信します。

日時 2020年12月12日(土)15:30-
(1時間半。12日15:30-13日24:00までオンデマンド配信で、ご都合に合わせてご視聴いただけます)

<スピーカー>
トビアス.J.クノープリヒ 氏
エアフルト市「文化と都市発展」担当副市長/ドイツ文化政策協会会長。
1971年、旧東ドイツのザクセン州 ツヴィッカウ生まれ。18歳でロベルト・シューマン・コンセルヴァトリウムにて、ファゴットの上級クラスを修了。ベルリン・フンボルト大学において、文化学・文化政策学・ヨーロッパ民族学を専攻。1996年~2001年まで、ベルリンでフリーランスの文化研究者、ジャーナリスト。その後、ザクセン州 学術・芸術省の音楽調査官に任命される。
2002年~2010年まで、ザクセン州 社会文化州連盟協会の事務局長として働く傍ら、「ザクセン州 行政・ビジネスアカデミー」の文化マネジメント学講師と文化学の試験官となる。同時に、ザクセン州青少年財団の委員長に就任。2007年、ザクセン州の州首相によって、州文化上院議員に指名される(~2017年)。
2011年~2018年度まで、テュ―リンゲン州の州都エアフルト市の文化局長を務めた。2019年2月~「文化と都市発展」担当副市長に就任。研究活動としては、2016年、ヒルデスハイム大学の文化学専攻で、博士号取得(哲学)。博士論文は、「社会文化の綱領諸文と実践諸形式:文化的民主主義としての文化政策」。さらに、フランクフルトのヴィアドリナ欧州大学 講師(文化マネジメントと文化観光学)、2019年~2020年冬学期のライプツィヒ大学の客員教授も務めている(文化マネジメント学)。2003年からドイツ文化政策協会の理事。2018年からは会長を務める。

宮城
SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督
1959年東京生まれ。演出家。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、1990年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出で国内外から高い評価を得る。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。
自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、またアウトリーチにも力を注ぎ「世界を見る窓」としての劇場運営をおこなっている。2017年『アンティゴネ』をフランス・アヴィニョン演劇祭のオープニング作品として法王庁中庭で上演、アジアの演劇がオープニングに選ばれたのは同演劇祭史上初めてのことであり、その作品世界は大きな反響を呼んだ。他の代表作に『王女メデイア』『マハーバーラタ』『ペール・ギュント』など。
2018年より東京芸術祭総合ディレクター。2006〜2017年APAFアジア舞台芸術祭(現アジア舞台芸術人材育成部門)プロデューサー。2019年東アジア文化都市2019豊島舞台芸術部門総合ディレクター。2004年第3回朝日舞台芸術賞受賞。2005年第2回アサヒビール芸術賞受賞。2018年平成29年度第68回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2019年4月フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。

特別講演監修 藤野一夫(神戸大学)
ドイツ語翻訳 池田イリナ

12月12日(土)・13日(日):分科会プログラム  (分科会+特別講演…会員無料、非会員2000円)

分科会プログラム

<本件に関する問い合わせ先>
日本アートマネジメント学会第22回全国大会プログラム委員会
Email: jaam2020.program@gmail.com

【プログラム委員会】
 朝倉由希(関東部会)
 畔柳千尋(中部部会)
 高坂玲子(関西部会)
 佐藤良子(関東部会)
 志村聖子(九州部会)
 高島知佐子(関西部会)
 中川広一(北海道部会)
 松本茂章(関西部会)


過去の大会